渋谷・新宿・六本木のブランド品高価買取ならルナール(Renard) > コラム > ブランド品は買取時期によって価格が変わってくる?

ブランド品は買取時期によって価格が変わってくる?



要らなくなったタイミングだけで判断しない



要らなくなったものを買取してもらうタイミングというのは、持ち主がもう使わなくなった時が多いでしょう。つまり、その人が要らないと思わない限り行動に移すことは少ないということになります。そのタイミングというのは色々とあります。例えば家族と一緒に暮らしているような人が親から要らないものは処分しなさいと言われた、大掃除をしていたら今では着られなくなってしまった洋服やブランド品が大量に出てきた、異性と付き合っていたが完全に別れてしまって思い出の品々をできる限り早く売りたいと思った時など、色々と思い立つ瞬間というのはあるものです。このように色々なシチュエーションが想像できますが、そのような状況になってしまった人たちは買取の時期を考えなくてはなりません。

その理由は、中古相場というのは常に変動しており、時期などを見極めることができればもっと高値で売ることができる可能性が高いからです。買取価格をそこまで気にしないという人や、買い取ってもらうのはあくまでスペース確保が主目的という人の場合はそちらを優先しても構わないでしょうが、そうでない方はせっかく売るのであれば少しでも高値で買い取ってもらいたいと思う方がほとんどでしょう。そのため、売りに行く時期を調節し、そのタイミングを見計らっていつでも売れるように配置しておくと良いでしょう。

リサイクルショップやブランドを買い取ってくれるショップにすぐに行きたいという方でも、少しでも買取価格を多くしたいという人はやり方や時期をよく見計らって行動するようにしましょう。知らないだけでは損してしまうこともありますので、買取時期などの下調べが重要になってきます。



基本的な買取時期の考え方



中古相場は非常に値段の上がり下がりが大きく、変動幅が激しい業界です。人気がある商品なら値段も一気に上昇しますし、人気がない商品ならたとえ一昔前に大流行して大絶賛された商品であったとしても、非常に安い値段で取り引きされることもあります。そのため、購入したときにはかなりの額だったのに、予想以上に安い価格で取り引きされることもありますので、売り手の人の想像よりも安価だったということも出てきます。そうならないために、あくまで基本段階ですが売りに適しているタイミングを紹介します。

最初に言えることは、購入してすぐ売ればある程度は高く売ることができます。これは、どの中古市場にも言えることですが、新商品として登場した品はまだまだ市場価格は高いので中古市場に持って行けば必ず高値で買い取ってくれるでしょう。特に売り切れが続出したような商品や、店頭にあまり並ばない数が少ない商品は定価とほぼ変わらない額で取り引きされることもあります。「勢いで購入したけれど自分とは合わない」「想像していたイメージと違う」という気持ちが沸いて売りに行くかどうかを迷っている人は、後回しにせずにすぐに売った方がお得になるでしょう。

ブランド品もそうですが、中古で販売ができるすべての商品は発売から時間が経過すると安くなってしまうものです。これはすべての商品に対する共通認識ですので覚えておくようにしてください。迷ったら早めに売りに行くのが鉄則です。売りたい品が溜まってしまって、数年後にまとめて売るほうが結果的には損になってしまうこともありますので注意が必要です。



時期の見極め方について



すぐにブランド品を手放せなかった人は、少しでも高く買取をしてもらいたいのなら時期を見計らう必要があります。たとえば、洋服を売りに行く場合はどのようなタイプの洋服なのか、季節はどうなっているのかで大きく値段が変わってくるでしょう。具体的には、春物を売りに行くという人はまだ寒い時期の2月~3月上旬頃がおすすめです。この時期は多くの方々が春物の服を求めているので、割高になりやすいのです。夏の場合も同じで、夏に入る前の5月~6月ぐらいに売りに行くといいでしょう。こちらも、夏物が欲しいと考えている人たちとマッチします。秋物の場合は、秋になる前の8月頃がおすすめです。日本人は9月から秋だと考えている人が比較的多いので、8月ぐらいが秋物準備期間となっています。冬物ならば、本格的な冬が始まる前の10月~11月がいいでしょう。秋は急激に冷え込む季節なので、早めに冬物を用意する人が多いためです。

ここまで洋服に限定して話をしましたが、これは一部のブランド物のバッグにも通用します。シンプルなデザインで1年中使えるように作られているバッグは相場変動幅が少ないですが、涼しさを感じられるような布地やデニム生地、パステルカラーや明るい色が多めの夏物バッグは春の衣装替えのシーズンが高めに売れるようになります。逆にファーや毛皮がついているような冬物のバッグは夏や秋頃の衣装替えのシーズン中に売るようにしましょう。

また、ブランド品は欲しいと思っている人の数が急上昇することで劇的に価値が上昇することもあります。例えば、テレビやマスコミで知名度や人気が抜群なアイドルや芸能人が着用していたり使っているという報道をすると、その瞬間から価値は大きく変わります。このような場合は、季節に関係なく売った方が高く売れる可能性があります。