渋谷・新宿・六本木のブランド品高価買取ならルナール(Renard) > コラム > 素材ごとにあったお手入れで服を守る

素材ごとにあったお手入れで服を守る


自宅でできる服のお手入れ方法



服を長持ちさせるには、お手入れの方法が重要なポイントとなります。

衣類には取り扱い表示が必ずあるので、しっかりと確認し水洗いが可能かどうかやお手入れの方法を確認しておくことが大切です。洗濯機で洗って良いのか、手洗いが望ましいのか、また利用して良い水温やアイロンや乾燥機の利用に関する表示もあります。平成28年の12月に表示方法の決まりが変わっており、それ以前の表示と最近の表示では異なるものもあるので注意が必要です。

クリーニングが必要な場合もありますが、望ましいお手入れ方法を行うことで服を綺麗な状態で長持ちさせることができます。水洗いが可能な場合も素材によって適切な洗剤を利用することで、繊維をより良い状態で保つことができ洋服を長持ちさせることができます。

水洗いのほかに衣類用のブラシでブラッシングを行う方法があります。ブラッシングによるお手入れは、埃などの汚れを取り除くことはもちろんですが繊維の目を整える役目もあります。どのような素材にも繊維の目があり、繊維を整えることで毛玉を防ぐことができます。また、繊維に空気を通すことができ繊維を柔らかく保つことができます。空気を通すことにより衣服の型崩れを防ぐことにもつながります。

できてしまったシワを整えるにはアイロンをかけるという方法があります。素材によっては直接アイロンをあてるとテカリが出てしまうものもあるので当て布を当てた上からアイロンをかけることがおすすめです。温度にも注意が必要な場合が多いので利用する前にしっかりと確認し適切な温度で利用します。

ひどい汚れがなく、雨や水にぬれてしまった場合は、ハンガーにかけてドライヤーなどで風を当てて乾かすことができます。汚れがひどい場合はなるべく早く汚れを取り除くことが大切なので、素材にあった洗濯方法でまずは汚れを取り除き洗濯等を行います。

素材によって違いがあることとそれぞれの特性を知っておくことで適切なお手入れができ、お気に入りの服を長く利用することができます。



天然素材でできた服のお手入れ方法



植物繊維の中で最も古いとされている素材はコットンと呼ばれる綿です。通気性が良いので汗の吸収も良く、肌ざわりも良いためTシャツや赤ちゃんの肌着や服にも利用されていることが多いです。裏地がある洋服は注意が必要ですが、綿100パーセントであれば家庭での選択が可能な場合が多いです。色落ちしやすいものもあるので、濃い色や明るい色のものは別に洗濯することがおすすめです。色の薄い物を一緒に洗濯してしまうと色移りしてしまうことがあり、色移りしてしまうと落とすことが難しいので注意が必要です。水に強い素材のため洗濯による傷みにも強いですが、シワがつきやすいものも多いので干す前にしっかり伸ばして干すとキレイな状態で乾かすことができます。

ヘンプやジュート・リネンと呼ばれる麻素材は、夏服に多く利用されます。綿などの他の素材と一緒に使われていることも多いです。水や耐久性には強いですが、シワがつきやすく摩擦に弱いです。水洗いができるものとできないものがあるので洗濯表示を確認してお手入れを行うことが大切です。できる場合も洗濯機を利用する際は洗濯ネットを利用することや優しく手洗いすることがおすすめです。洗剤は弱アルカリ性の合成洗剤やせっけんを利用します。

冬服に多く用いられるウールやカシミアなど動物の毛で作られた衣類は、水で洗うことができないものが多いです。衣類用のブラシでのブラッシングや防虫対策をしっかりと行うことが大切です。また、気にいったものは特に毎日着てしまいがちですが交互に違うものを着るなど休ませてあげることも大切です。どうしても洗わなければいけない場合は、中性洗剤を利用します。縮んでしまうこともあるのでクリーニング店などで対応してもらうと安心です。



化学繊維でできた服のお手入れ方法



化学繊維で服に用いられているものはポリエステルやアクリル・ナイロンなどがあります。

ポリエステルは、水洗いができ洗濯機で洗うことができるものがほとんどです。他の素材と一緒に使われている場合は、注意が必要です。シワになりにくく速乾性が高いという良さがありますが、熱に弱く毛玉ができやすいので洗濯機で洗う際はネットに入れて洗い、直接日光に当たらないよう注意が必要です。速乾性が高いので日陰で干しても乾きやすいです。

アクリルはウールに似せて作られた素材です。軽くて暖かく、ウールに比べて安価で手に入り水洗いができるのでお手入れのしやすい素材のひとつでもあります。毛玉ができやすいので洗濯機で洗う場合はネットに入れて洗うこと、ドライコースや手洗いコースで洗うことがおすすめです。

ナイロンは薄手のジャンパーなどによく用いられています。軽くシワになりにくい素材で人気があります。洗濯機で洗うことができるものがほとんどですが熱には弱いので日の当たる場所での乾燥や保管には注意が必要です。