渋谷・新宿・六本木のブランド品高価買取ならルナール(Renard) > コラム > Reneの服を高く買い取りしてもらうためのポイントとは?

Reneの服を高く買い取りしてもらうためのポイントとは?

高く売れると話題のReneはどんなブランド?


「あくまでも上質に」をコンセプトにしているReneは、日本のファッションブランドです。1996年に東京新宿の高島屋にオープンし、現在は17店舗のお店があります。関東中心に南は福岡、北は北海道まで出店しており、専門店または有名百貨店内のテナントとして入っているのが特徴です。知性と気品を大切に、ポジティブに生きる女性を応援するブランドReneは、高級ブランドのシャネルなどと同等の上質な素材で作られているアイテムも多く、大人の女性にも大変人気があります。なかでも20代半ば~30代の女性に人気があり、ブランド買い取り専門店でも高く買い取ってもらえます。ブラウス、ボトムス、トップス、アウター、ワンピース、バッグ、その他の小物まで、すべてのアイテムが対象となることが多いです。
そして、カットソー・ブラウス・カーディガン・ワンピース・スカートは人気があり、買い取り強化アイテムになっていることも多いです。今シーズンのワンピースやコートは特に高く売れます。
Reneを買い取ってくれる業者には以下のようなタイプに分かれます。専門的に取り扱うところ、Reneの買い取りを強化しているところ、さまざまなブランドを取り扱うところ、おもにこの3つのタイプがあります。中にはRene専門のバイヤーがいるお店もあり、通常よりも高額で適格な価格を出してくれます。

Reneの服を高く売るためにできること


[あまり着ていない服は早めに売る]
Reneの数多くあるアイテムのなかでも、あまり流行色のないシンプルなデザインで長く愛用できるようなデザインは、一番需要が高いため高額買い取りが期待できます。着る機会の少なくなった服は、デザインが古くなる前に売ることがポイントです。発売から数年以上経過したものは、市場での需要が減るためあまり売れません。
早めに買い取ってもらう方が型も古くならず、高値で売れる傾向にあります。したがって、あまり着ていないReneの服はそのままにしておくより、すぐ売りに行くことが賢い売り方といえます。
[メンテナンスをしておく]
Reneの服を売る際に、できる範囲でメンテナンスを行ってから売りましょう。服の状態で買い取り価格に差が出ます。汚れ・キズ・においなどはないか、確認しておく必要があります。
目立つ汚れがある場合は、買い取り金額が安くなることもあります。したがって、服を少しでも高く売る為には、買い取り前にお家でできるメンテナンスをしておくことが大切です。面倒かもしれませんが、少しの手間をかけるだけ高く売れるのであれば、やっておく方が結果的には得をすることが多いです。
大切なReneの服をより高く売るために、簡単なメンテナンス方法をご紹介します。まずは、シミや汚れを落とす場合です。シミや汚れがある場合は、シミ抜き用の洗剤を使ってピンポイントにシミや汚れを落としていきます。シミ抜き用洗剤を汚れの部分に付け、そのまま普段どおりの洗濯をします。この時に服に付いているタグの洗濯表示マークを、必ず確認しておくことが重要です。
次に、ニオイをとります。タバコ・香水・防虫剤・カビ・ペットのにおいなどは注意しましょう。ニオイは自分ではなかなか気づきにくいです。買い取りに出す前に消臭スプレーを使ってニオイを取ります。
消臭スプレーを使わない場合は、扇風機などの風に当てるだけでもニオイが軽減されます。ドライヤーでも代用可能です。
[箱や保証書のなどの付属品をそろえる]
Reneの服は、箱や保証書などの付属品の有無により、買い取り金額が変わる場合があります。とくに靴の箱、ブランド袋などは保管しておき、買い取りをしてもらうまで捨てずにとっておくことが大切です。

大切なReneの服をスムーズに気持ちよく買い取ってもらうために


最後に、大切なReneの服を気持ちよく買い取ってもらうために知っておきたい内容を2つご紹介します。
まず1つ目は、高く気持ちよく売るためには、Reneのことに詳しい専門的な買い取りスタッフがいるところに頼むことが重要ということです。これはなぜかというと、詳しい専門スタッフがいると、その商品の良さや価値を知っているため高額な取引につながる可能性が高まるからです。
専門的なスタッフがいるかどうかの判断は、買い取りを依頼するお店を探すときに、利用前に一度電話することでわかります。電話の対応の仕方で、専門的な知識があるスタッフかどうかを判断します。
電話の応対がていねいで、細かいことまですべて教えてくれるお店は、査定も良心的な場合が多いです。そして、Reneの買い取りについて電話で気になることを全部聞きます。
そして2つ目は、やはり中古市場では新品未使用の状態の品物が好まれ、需要が高くなる傾向にあります。新品の状態に近ければ近い程、未使用であればあるほどその分、見積り金額が高くなります。新品でまだ使っていないものと、使用しましたというものとでは買い取り金額に大きく差が出ますので、品物がきれいな状態のうちに業者に持って行くことが大切です。